卒塾生13年で1,500人以上


コロナ禍で更に加速するITテクノロジー
シンギュラリティー・AI時代の到来を
予測し、
備えなければなりません。

 もし、将来あなたの仕事が
AI・ITに取って代わられると言われている
業種であるのであれば

なおさらこの「原田メソッド」が
あなたの味方になります。


目標達成は技術

原田メソッドとは、目標を達成するために必要な様々な力を、効果的なツールを活用しながら高める教育手法です。【人間力】を土台として、自他共に喜び、幸せを感じることのできる未来を手に入れる「自立した人」を目指す、
開発者・原田隆史の教育実践から生まれたメソッドです。


受講生のお悩み
解決事例のご紹介

受講前によく聞く受講生のお悩み

  • リーダーとして、みんなを笑顔にできない。
  • 部下の質問にうまくこたえられない。
  • みんなの意見を聞きすぎて判断ができない。
  • 自信を持って部下を導きたい。
  • 部下の目標を後押ししてあげたい。
  • 自分の子どもの夢をもっと応援してあげたい
  • 部下の質問にうまくこたえられない。
職場の同僚や部下、あるいは家族とのコミュニケーションの取り方に
悩んでいらっしゃる方は多くおられるのではないでしょうか。

今回ご紹介する講座を受けられる方は、

・一緒に働くメンバーが生き生きとしてきた。
・部下の背中を押してあげられる言葉が出るようになった。
・キラキラした目で返事をしてくれるようになった。
・自分の意見に自信が持てるようになり、部下を迷わせる事がなくなった。
・子どもが自分の目標を話してくれるようになった。

このような「変化」を2週間のうちに体感することができます。

なぜそんなことが可能なのでしょう?

今回ご紹介する「原田メソッド認定パートナー養成塾」は全5回のコース。多様なカリキュラムの一つに、受講の皆様が強烈にインパクトを受ける内容があります。
それは交流分析でいう「ストローク」という考え方を学ぶ時間です。
私たちはストロークを「心の栄養」と表現しています。
人は皆、食べ物を体の外から中に取り込んで栄養を取っています。摂取量が足らなかったり栄養が偏ったりすると、体の健康が保たれません。
同じように、心にも栄養が必要なのです。
心も、誰かからの言葉かけや態度、他の人との関わりにより、健康な状態が保たれたり、栄養が足らなくなったりします。心も、栄養失調を起こすんです。

心の栄養 ストローク

講座内では、どのような態度や言葉かけ、つまり「関わり方」が心の栄養となるのかを学びます。褒める、しかる、目を合わせる、諭す、握手をする、メールを送る、手紙で伝える…。
心の栄養は「褒める」だけではなく「しかる」「注意をする」ことでも与えることができます。
この講座では受講者の皆様が、自分のこれまでの会社での振る舞いや、ご自身の家庭での言葉がけなどを思い返し、ハッとさせられ涙を流す、といったこともありました。
この「ストローク」の内容を知っているだけでも、仕事で、家庭で、そして実りある人生を生きていく上でも、一生役に立つものになると確信しています。
人は毎日、誰かと何らかのコミュニケーションをとって生きています。
コミュニケーションには「量」(多くの人とたくさん)と「質」(少ない機会でも心に刺さる!)があり、「質」が上がれば、自他ともに心の栄養が満たされ、心が健康になり、やる気が生まれ、自ずとパフォーマンスが上がるのは
道理なのです。
逆に、たとえ多くの人とたくさんお話ししたり交流したりする機会があったとしても、質が低ければ、何か心満たされず、かえってもやもやした状態になったりもします。体に置き換えると、お腹はいっぱいだけれど、お菓子やおやつ、ジャンクフードばかりを食べたので栄養は足りていない・偏っている、
というところでしょうか。

また、こんなふうにも考えられます。
あなたは、どんなストロークを人に与えているでしょうか?
もしあなたが毎日会う人にマイナスの言葉かけをしているとしたら…。
あなたの言葉かけで誰かの心の栄養を減らしてるとしたら…。

今はそうだとしても…安心してください。講座を受ければ、
まるでテレビのチャンネルを変えるみたいに、学んだその時から
あなたはストロークの名手として、自他の心の健康をアップさせることが
できるようになるはずです。

原田メソッドは
自他ともに成長し
目標達成するために

「なんのために目標達成をするのか」に
とことん向き合う
教育手法

原田メソッドで高まる
【15の力】

①準備力
②自己分析力
③イメージ力
④課題発見・解決力
⑤やりきる力
⑥創造力・01力
⑦自己コントロール力
⑧関わり力
⑨社会貢献力
⑩ブリッジング力
⑪自己実現力
⑫実践力
⑬傾聴力
⑭統率力
⑮意欲刺激力
⑬傾聴力
⑭統率力
⑮意欲刺激力

15の力は意図的に
高めることができます

原田メソッド認定パートナー養成塾を受講し
様々なツールを活用しながら実践することで
15の力を磨き、あなたが持つエネルギーを高めながら
目標達成できる方法を学ぶことができます

目標達成のために何をするのか、
ではなく
なんのために
目標達成したいのか

「何かを成し遂げたい」と願う
気持ちは、誰にとっても
ごく自然なことです。
しかし、だからといって誰でもが
その願いを叶えられるわけでは
ありません。
その願いを手にするために、他の成功者の習慣や法則を真似ることは決して
間違ったことではありません。
しかし原田メソッドには、達成する可能性をもっと高める手段があります。

原田メソッドが選ばれる理由

  • 原田隆史20年間の学校教育の指導の中から生まれた教育法なので、子供から大人まで誰にでも学べる内容である

  • 学びを実践するためのツールがセットになっている

  • 何のためどんな自分が願いを叶えるのかを明確にできる
  • 自分と他者や社会と繋がる未来を描くことができる

原田メソッド このような方に
おすすめです

  • 自分自身にどうしても達成したい目標がある方
  • コロナ禍の危機を強い意志で乗り越えたい方
  • 経営者として従業員のやりがいや充実感を高めたい方
  • 誰かの夢や目標を実現したいとお考えの方
  • 自分に「イノーベーション」を起こしたい
  • 答えのない未来に、自分なりの課題や答えを見つけて力強く進みたい方
  • 親として、子どもたちの夢や目標をサポートし、自立した
    大人へと導きたい方
  • 今まで目標達成に向けて努力はしてきたけれど
    ・成し遂げられなかった方
    ・途中で挫折してしまった方
  • 今までに目標を達成した体験はあるけれど
    ・達成の方法が明確でない方
    ・達成は偶然だったと思っている方
  • 自分の人生だけでなく、自分の周りの大切な人々の幸福な
    人生も実現したいと考えている全ての方
  • コロナ禍の危機を強い意志で乗り越えたい方

原田隆史
(はらだたかし)

38年間の教育実践を礎に
大阪市生まれ。奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。
保健体育指導、生徒指導に注力、問題を抱える教育現場を次々と立て直し、「生活指導の神様」と呼ばれる。独自の育成手法「原田メソッド」により、勤務3校目の陸上競技部を7年間で13回の日本一に導く。
大阪市教職員退職後、大学講師を経て、起業。
「原田メソッド」に多くの企業経営者が注目し、武田薬品工業、三菱UFJ信託銀行、ユニクロ、カネボウ化粧品、神戸マツダ、住友生命保険、野村証券、キリンビール、損害保険ジャパン、高島屋、ジブラルタ生命、大阪ガス、パナソニックシステムデザイン、イーライリリー、横浜インターコンチネンタルホテルなどの企業研修・人材育成を歴任。これまでに約500社、10万人のビジネスマンを指導した実績を持つ。またプロのアスリートや芸能人のコーチングにも携わる。
現在も、家庭教育・学校・企業の人材育成、講演・研修活動、テレビ出演、執筆活動など幅広い分野で活躍中。

原田隆史の本

最高の教師が漫画で教える
勝利のメンタル
原田隆史の最新刊。舞台は東京オリンピック!「まさか」に負けず、「本番」に強くなるメンタルの極意。

カリスマ体育教師の
常勝教育
有名企業経営者の本棚に必ずあると言われる、原田隆史の超ロングセラー!

STAR PLANNER

目標達成ノート
画期的な日付のない手帳。いつでもあなたがやる気になったその日に始めることができます。
書いて考えてパフォーマンスをあげる!
原田隆史の本
一覧はこちらから
世界25ヵ国以上で翻訳されている原田隆史の本。こちらからぜひご覧ください
原田隆史の本
一覧はこちらから
世界25ヵ国以上で翻訳されている原田隆史の本。こちらからぜひご覧ください

原田隆史 教育の原点

中学校教員時代、原田隆史は生徒達への根本的な教育方針として「自分で考えて工夫して解決できる力」を育てることに重きを置いていました。そしてその教育方針は、生徒たちが卒業したあとにこそ力を発揮すると考えていました。つまり、指導者の手元を離れても、教えてもらったことを自分で考え継続し、臨機応変に行動できる自立した大人になってほしいという一心で、教育に情熱を注いでいたのです。
原田隆史の教育成果の偉業の中のひとつとして、指導していた陸上競技部での「7年間で13回の日本一」「公立中学校に通う普通の子どもが日本一になった」ことが注目されますが、原田の教育を受けた子どもたちは、日本一の生徒だけが優秀なのではありません。陸上競技の成績は華々しいものではなくても、周りで懸命に応援したり、日本一を目指す仲間を真剣に支えたりと、自分の競技に打ち込みながらも、他者を支え何をすべきか自分で考え行動した生徒の姿こそが、原田が目指した教育の真骨頂と言えるでしょう。

「日本一」を生み出す方法論だけが注目されたのではなく、原田の教育を受けた生徒たちがそれぞれに自分が価値を感じる目標を設定し、その達成に向けてできることを考え行動する、その教育方針こそが人々を惹きつけ、日本の名だたる企業の経営者・管理職たちがこぞって陸上競技部の練習を見学しに来るという現象を生みました。多い時には800人の大人がグランドに集まりました。
原田は、その教育方針の核を「自立した人=自立型人間を育てる」と表現しました。
人を自立に導く「原田メソッド」は、その後学校教育だけにとどまらず広がり、これまでに500以上の企業、10万人以上の人々に実践されています。

日本だけではなく世界は今、大きな変化のうねりの中にいます。正解を覚えてその通りにやれば良い時代は終わりを告げ、これからは課題を自分で見つけ、答えを「生み出す」力こそが求められる時代が始まります。まさに「自立」。原田メソッドは、いつの時代も「自立した人」を育てることを根幹に据え、時代に流されることなく、しかし時代の変化に臨機応変に対応できる、まさに「生き残っていく」メソッドなのです。

原田メソッドでは「目標達成」と「自立型人間」はいつもセットなのです。自分の目標達成のためだけに突っ走り、周りを顧みなかったり蹴落としたりすることは、自立型人間のすることではありません。自分の立てた目標が周りをも幸せにすることこそが、自立型人間の目標達成の一番のポイントなのです。

原田メソッドは「不易流行」

原田隆史は、今も尚、変化し続けています。原田が代表を務める「原田教育研究所」の名の通り、原田は教育を研究し続けています。30年前に生まれた「原田メソッド」は、時代の流れに合わせて、当時の教育から変化・進化した部分もあります。しかし、日本一を量産していた30年前と、そのコアな部分はほとんど変わっていません。
それは、変える必要がなかったからです。自立した人を育て目標達成をする手法が、いつの時代にも普遍的な「原理・原則」に則ったものであったからです。原理・原則に則った「原田メソッド」だからこそ、30年間にわたり子どもたちから大人まで、小学生から大企業の経営者まで、そして国籍を問わず世界中の人々に実践されてきたのです。原理・原則に則らず、軸が弱いメソッドは、自然と淘汰されていきます。
実践され成果を生み続けて30年。
原田メソッドは本物の目標達成手法です。

原田メソッド認定パートナー養成塾 
ご受講者の声

理念、目的・目標が社員を動かす
私は自問自答しました。
そうだ自責で考えよう。
「これは社員の問題ではなく自分の問題だ」
「私に何ができるだろう」・・・
続きは画像をクリック
人生を先に進めるためのツール
私は今まで「こういう自分でありたい」という強い願望と「今の自分ではダメだ!」という劣等感の中で引き裂かれるような気持ちになることが多くありました。この感情の起伏を上向きで固定し、目標達成に向けてまっすぐに進みたいと常々思っていましたので、今回の原田メソッドでの学びは本当に素晴らしいものでした。・・・
続きは画像をクリック
最高の投資
お金の工面で苦しくもがいている最中で、新たにお金を投資して始めることにはかなりの勇気がいりました。不安と心配、家族を支えていけるのか。しかし今になって思えば最高の投資ができたと感じています。塾の経営も5年前に始めて以来、やっと上向いてきた感じで・・・
続きは画像をクリック
やれば必ず成果の出る方法
目標達成に挫折し、自信をなくしているたくさんの方がおられると思います。たくさん挫折した私自身が思うのは、最後に本気でこのメソッドを試して欲しいということです。諦める前にもう一度だけチャレンジしてみて欲しいです。
目標達成の技術・技能を手にしたらどんな未来も創造できる、今はそう思えます・・・
続きは画像をクリック
原田メソッドを学びたい方へ
卒塾生の方々から寄せられた「認定パートナー養成塾」のベネフィット60個!
①人はいつからでも変われます!僕にもできるし、あなたにもできる!
②原田メソッドを使って目標達成に取り組もうと思ったら、もうその先に「成功」があると思っていいと経験した私は思います。
③目達達成メソッドとして、これ程体系化されたものはないと思います。 ・・・
続きは画像をクリック
原田メソッド認定講師のご紹介
原田メソッド認定パートナー養成塾を修了すると(卒塾要件あり)、原田メソッドを活用して指導することができる認定講師として活躍ができます。日本だけでなく、アメリカ・フランス・インド・イタリアなど世界中で認定講師が活躍しています。
多彩な講師のプロフィールは画像をクリック
理念、目的・目標が社員を動かす
私は自問自答しました。
そうだ自責で考えよう。
「これは社員の問題ではなく自分の問題だ」
「私に何ができるだろう」・・・
続きは画像をクリック

原田メソッド認定パートナー養成塾 
第29期カリキュラム

*カリキュラムは予定です

開催日時 全5回 ①2022年1月22日(土)②2022年2月5日(土)③2022年2月19日(土)④2022年3月5日(土)⑤2022年3月19日(土) 
*時間は全て10時〜17時
*対面会場開催または、オンライン開催となります
*動画配信受講(通信講座)も可能です。また対面会場開催となっても、オンラインでご参加いただけます。
 くわしくはこちらをご覧ください。
Day1 カリキュラム

【自立型人間の定義・心づくり講座】
教育者として原田隆史が歩んだ40年の歴史から紐解かれる、人の在り方やパフォーマンスを発揮する人の特徴を徹底解説します。心から共感できる内容をご期待ください。

【目的目標の4観点講座】
目標と目的の違いは明確でしょうか?自分の未来と周囲の人々の未来との関係をリンクさせながら原田式の未来の描き方の基本を学べます。

【ルーブリック】
評価や目標は見える数字や実績だけではありません。これからの時代は結果と同じく、結果に辿り着くまでのプロセスや根拠が重要視されます。思考力・判断力・表現力など見えない力を伸ばす評価方法を身につけてください。

【理念】
「何のために働いていますか?」日々の行動には自分の軸が関係しています。大事な決断の時にもぶれない自分軸の作り方を心に響く質問を通して学ぶことができます。

Day2 カリキュラム

【ストローク】
原田メソッドではコミュニケーションは「物質=量や質がある」と定義しています。コミュニケーションという物質をどのように取り扱えば周囲と円滑に人間関係を築けるかの極意をお伝えします。

【ルーティン】
潜在意識を活用し、毎日の行動で自信をつけて目標達成できる、正しい習慣の作り方を身につけることができます。

【原田式長期目的・目標設定用紙】
原田メソッドの骨格を担う1枚の用紙です。なりたい未来を鮮明に描き、そのためにどのような行動が必要なのか。自分のメンタルコンディションを読み取りコントロールしながら、目標を達成するための自分の「トリセツ」を作成することができます。

Day3 カリキュラム

【オープンウィンドウ64】
目標を達成するために必要な行動を、8つの軸=基礎思考と64個の具体策=実践思考として導き出します。目標達成に向けてのアプローチの精度が飛躍的に向上します。

【日誌】
原田式の日誌は書籍として販売もされていますが、スケジュール管理の「日記」ではなく、予測力や準備力を高めたり、自信を身につけるメンタルトレーニングの要素が詰まっているものです。その具体的な日誌の書き方をマスターすることができます。

Day4 カリキュラム

【添削法】
原田メソッドを実践する部下やあなたのお子さん、指導している生徒や部員のやる気を、赤ペン1本で最大限に引き出すコミュニケーションの極意をお伝えします。

【コーチング】
何かを成し遂げたい、目標達成したいという人の思いや考えていることを、効果的な質問のみで引き出し、その人のやる気だけでなく目指す方向性を明確にしてあげられることのできるコーチング方法を学べます。

Day5 カリキュラム

【理想の組織作りの基礎講座】
会社や組織など「集団」に所属する人の感情を可視化し、所属する人々の働きがいを高め、集団全体のパフォーマンスをマネジメントすることができる手法「ICM™️」を学びます(原田教育研究所 特許取得)。また働き方改革やメンタルヘルスケアの観点から、ストレスチェック結果の改善にもつながるこれからの組織に必要な方法を学ぶことができます。

ご受講料 373,780円(税込)
*お支払い方法:①弊社指定口座への銀行振り込み②カード決済による支払い(指定サイトにて/分割可)
Day3 カリキュラム

【オープンウィンドウ64】
目標を達成するために必要な行動を、8つの軸=基礎思考と64個の具体策=実践思考として導き出します。目標達成に向けてのアプローチの精度が飛躍的に向上します。

【日誌】
原田式の日誌は書籍として販売もされていますが、スケジュール管理の「日記」ではなく、予測力や準備力を高めたり、自信を身につけるメンタルトレーニングの要素が詰まっているものです。その具体的な日誌の書き方をマスターすることができます。

ここまでページを読み進めていただき、本当にありがとうございます。
原田隆史の学校教育現場での実践から生まれた「原田メソッド」は、
その出発地点が「中学校」であるからこそ、30年間の長きにわたり、
スポーツ・ビジネス・勉強などのジャンルを問わず、目標を達成したいと
考える全ての人にフィットする教育手法であり続けたと考えています。
「教育の力で世界中を元気にする」
ぜひ私たちの仲間になってください。
あなたにお会いできることを
心待ちにしています。
田教育研究所では、動画やメール配信を通じても様々な学びをご提供しています。
下記ボタンをクリックしてぜひ詳細を
ご確認ください!
月刊原田レター
メンバー募集中!今よりも1℃体温を上げる!原田隆史が教育者としての観点から、選りすぐりの話題をインターネット上で特別番組にして、配信しています。
週1メールマガジン
原田教育研究所の最新情報はこちらから!
12年続く原田隆史渾身の書き下ろしコラムも大好評!登録無料で週1回お届けします。
原田教育研究所HP
原田教育研究所の公式ホームページです。セミナー案内やお知らせ、新サービスや多彩な講師紹介のページも充実しています。
原田教育研究所HP
原田教育研究所の公式ホームページです。セミナー案内やお知らせ、新サービスや多彩な講師紹介のページも充実しています。

ご質問などお気軽にお問い合わせください